九州大学大学院医学研究院 医学教育学講座
Home » スタッフ紹介

スタッフ紹介 

教 授

馬場 英司
Eishi BABA

○学位・資格
  平成元年 九州大学卒 医学博士
  日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医・指導医・評議員
  日本消化器病学会専門医・指導医
  日本消化器内視鏡学会専門医
○略歴
  平成8年 医学博士取得
  平成9年 ハーバード大学分子細胞生物学講座
  平成13年 九州大学大学院医学研究院腫瘍制御学講座
  平成15年 九州大学医学部附属病院第一内科
  平成21年 九州大学病院血液・腫瘍内科(第一内科)
  平成24年 九州大学大学院医学研究院九州連携臨床腫瘍学講座
○臨床
  外来・病棟診療、臨床研究グループ事務局
○研究内容
  癌微小環境、細胞内シグナル伝達

 

講 師

吉武 忠正
Tadamasa YOSHITAKE

○学位・資格
  平成11年九州大学卒 医学博士
  日本医学放射線学会専門医
  日本放射線腫瘍学会認定医
  第1種放射線取扱主任者
  日本がん治療認定医機構がん治療認定医
○略歴
  平成20年 済生会福岡総合病院放射線科
  平成21年 九州大学病院放射線科
  平成22年 医学博士取得
  平成22年 九州大学大学院医学研究院 重粒子線がん治療学講座
  平成24年 九州大学大学院医学研究院 九州連携臨床腫瘍学講座
○臨床
  放射線治療全般、高精度放射線治療
○研究内容
  肺癌の定位放射線治療, 脳腫瘍の放射線治療, 高精度放射線治療
○挨拶
    平成24年10月より本講座に就任し、放射線治療医としてがん専門医の教育に携わっております。今日までのがんプロ施策により徐々にがん専門医も増加してきましたが、依然としてがん専門医の不足を実感しております。また小児・AYA世代・高齢者の患者様に対するがん診療の現場にも様々な課題が山積しています。九州連携臨床腫瘍学講座の一員としてがん専門医の育成を行うとともに自分自身も勉強していきたいと考えています。

 

助 教

岩間 映二
Eiji IWAMA

○学位・資格
  平成14年九州大学卒 医学博士
  日本内科学会認定内科医
  日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医、
  日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
  日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
○略歴
  平成21年 九州大学病院 外来化学療法室
  平成22年 国立病院機構 福岡東医療センター呼吸器科
  平成24年 九州大学病院 油症ダイオキシン研究診療センター
  平成24年 九州大学大学院医学研究院九州連携臨床腫瘍学講座
  平成28年 米国ジョージタウン大学留学
  平成29年 九州大学病院 呼吸器科
  平成29年 九州大学大学院医学研究院九州連携臨床腫瘍学講座
○臨床
  臨床腫瘍学、呼吸器内科学
○研究内容
  肺癌薬物療法、分子標的薬耐性遺伝子変異の克服
○挨拶
  平成29年10月より本講座に就任いたしました岩間と申します。平成29年度から始まった『多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン』では、新たな教育課題として「ゲノム医療」、「希少がん・小児がん治療」、「ライフステージ」の3つの項目が加わりました。いずれも今後のがん医療において重要な課題であり、自らも常に学びながら、講座一同一丸となって取り組んでいく所存です。

 

助 教

茂地 智子
Tomoko SHIGECHI

○学位・資格
  平成17年 九州大学卒 医学博士
  日本外科学会専門医
  日本乳癌学会認定医
  マンモグラフィー読影認定医
○略歴
  平成17年4月 九州大学病院
  平成19年4月 九州大学大学院 消化器・総合外科
  平成21年4月 京都大学 放射線生物研究センター
  平成24年 3月 医学博士取得
  4月 国立病院機構 九州がんセンター 乳腺科
  平成25年 4月 東京慈恵会医科大学付属病院 外科
  平成26年10月 川口市立医療センター 乳腺外科
  平成28年 2月 がん研有明病院 乳腺センター 乳腺外科
  平成29年11月 九州大学大学院医学研究院 九州連携臨床腫瘍学講座
○臨床
  乳腺外科(外来業務)
○挨拶
    これまで乳がんの治療を中心に外科的ながん診療に携わってきましたが、この度、当講座に所属させていただくことになり、初心にかえって勉強に励み、講座の一員としての責務を果たしたいと思っております。がんの罹患数が増加傾向にある我が国において、最新の標準的ながん治療を実践できる専門医の養成やそのための充実した体制の構築は必須であり、急務の課題であると感じております。私自身も、より広い視点から今後のがん診療の方向性を見極めつつ、それにフィットするような仕事ができるよう日々精進していきたいと考えておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。
Copyright(c) 2012 九州連携臨床腫瘍学講座 All Rights Reserved.