九州大学大学院医学研究院 医学教育学講座
Home » 教授挨拶

教授挨拶 

 九州大学大学院医学研究院 九州連携臨床腫瘍学講座教授を拝命いたしました馬場英司です。

 がんは本邦の死因の第一位の疾患であり、国民の生命や健康を守る上で重大な問題となっています。そのため、専門的な知識や技能を有するがん医療専門家を育成することが強く求められてきました。九州全域の複数の大学がそれぞれの特性を生かしつつ、相互に連携して人材育成を行うために、平成24年度より文部科学省が実施する、がんプロフェッショナル養成基盤推進プランが始まりました。このプランでは、がん医療専門家の育成を通じて、九州におけるがん診療の均てん化を図るとともに、がん研究者養成にも重点を置き、がん医療に関わるリーダーを養成することを目指しています。本講座はその教育拠点として、九州の12大学と共に、本プランに沿ったプログラムの実務や講義を担当します。

 がんを巡る環境は日々大きく変貌を遂げています。患者さんの身体への負担の少ない全く新しい手術法や放射線治療技術、そしてがんの分子生物学を基にした新たな薬物療法など、医学の進歩により大きな恩恵がもたらされつつあります。一方で、これらを適切に用いて患者さんの生命や健康を守るには、多くの診療科、そして様々な職種の医療専門家の密接な連携が欠かせません。

 九州連携のことばを冠した本講座は、地域や専門分野、職種をつなぐ連携の力で、一人ひとりの患者さんの期待に応えて参りたいと思います。

 

 

Copyright(c) 2012 九州連携臨床腫瘍学講座 All Rights Reserved.